News

「写真を読む夜」vol.42開催!

「写真を読む夜」vol.42 開催です。

10月2日(金)20時~ 代官山蔦屋書店北村写真機店にて。

写真表現を、もっと身近に、より深く味わいたい。
そんな思いを満たすため、写真家をゲストに迎えて、じっくりとお話を伺う「写真を読む夜」。
今回ご登場いただくのは、姫野希美さんと鈴木育郎さんです。

出版社「赤々舎」を立ち上げて10年、これまで数多くの写真集を世に送り出してきたのが姫野さんです。
鈴木さんは、今秋より赤々舎で「月刊 鈴木育郎プロジェクト」を展開する気鋭写真家。
これは毎月、内容も形態も異なる本を12か月にわたって出し続けるという一大企画。
写真と出版の世界で類例のないことに挑戦するおふたりに、プロジェクトの全貌とそこへ注ぐ気概をたっぷり語っていただきます。

みなさんのご来場お待ちしております。

 

〈ゲストプロフィール〉

姫野希美 ひめの・きみ
出版社勤務を経て2006年、赤々舎を設立。
『CANARY』(志賀理江子)『MID』(高木こずえ)『対岸』(百々新)ほか話題の写真集を刊行し続ける。

鈴木育郎 すずき・いくろう
21歳で写真を始める。2013年、「鳶・CONSTREQUIEM」でキヤノン写真新世紀グランプリ受賞。
2015年秋より「月刊 鈴木育郎プロジェクト」を始動。

 

申し込み等は追っての情報をお待ちください。

Archives

Share